中学受験の時に苦手科目があることは致命的です。必ず満点を取らないといけない訳ではありませんが、苦手科目があると、その分の点数をほかの教科で補わないといけません。ほかの科目でも少しでも凡ミスがあると、もう中学受験で合格するのは難しくなってしまうのは理解できるはずです。そのため、苦手科目はつくらないようにするのが大事になります。ほかの科目で点数を取れば良いと考えているのであれば、その考え方は間違っていると言えます。

苦手分野の克服をすることを第一に考えた方が、全体に成績がアップするものです。考え方を変えると、苦手科目についてはまだ改善の余地があって、点数が大幅にアップする可能性があります。ほかの科目となると、点数が上がったとしても少なく上り幅となってしまう為、全体の成績がアップすることにはあまり繋がりません。

苦手科目の克服を考えるのであれば、家庭教師をつけるという選択が適していると言えます。家庭教師は子供の学力に合わせて勉強を進めることができるというメリットがあります。苦手科目の克服に時間を費やすことによって、中学受験に合格することに繋がります。この選択肢を入れた上で勉強をするようにした方が良いでしょう。

Comments closed.