中学生や高校生になると当然漠然としたものではなく、しっかりとした将来の目標があるという方が多いです。しかし、小学生となると決してそうではありません。そのため、親の言う事を聞くために中学受験を受けるという子供も中にはいるはずです。親の言う事を聞こうとして勉強をしても、決して長続きするものではありません。どこかでストレスが爆発してしまい、なんで中学受験を受けないといけないのかという気持ちになる部分もあるでしょう。

だからこそ大事になるのは、子供が自発的に勉強をすることです。子供には将来的なことではっきりとした目標がなくても、親御様が中学受験の重要性をしっかり説明することによって、子供の気持ちは前向きなものとなっていきます。中学受験を受けるということに何も意味を見出せないのであれば、当然自発的に勉強をすることはなくなります。

塾や家庭教師でも勉強時間ももちろん大事ではありますが、もっと大事になるのが、自発的な勉強時間です。予習復習をするとともに、新しいことを勉強する興味にも繋がります。自発的な勉強なくして中学受験に合格をするのは非常に難しいです。そのため、親御様が特にこの点についてしっかり理解しないといけません。

Comments closed.