中学受験や高校受験の時には偏差値は非常に重要なものとなります。多くの方が偏差値を参考にして志望校を決めているのが事実です。中学受験の受けようとした方は、模試試験で自分の偏差値を知ることになりますが、すべての方が同じ試験を受けているという訳ではない為、偏差値は漠然としたものでしかないのが事実です。そのため、偏差値を参考にする時には、合格率50%程度の学校も視野に入れた方が良いでしょう。

偏差値は基本的には10〜20は上がるものであり、偏差値が低い学校を志望校にするのは決して恥ずかしいことではありません。偏差値だけを参考にして中学受験を受ける学校を決めるのは危険です。偏差値はあくまでも参考にし、その上で本当に行きたいと思える学校を選択するのが望ましいです。

当然親御様は子供の気持ちも考えてあげないといけません。仮に偏差値が低い学校であっても、子供がやりたい部活に力を入れているなどのプラス材料があるのであれば、視野に入れるべきでしょう。偏差値だけを参考にして後に後悔をしてしまった学校選びをされた方は決して少なくありません。本当に行きたい学校が、たまたま偏差値がピッタリだったというケースが一番です。あくまでも行きたいと思える学校優先で考えてみましょう。

Comments closed.