中学受験を受けると決めたのでしたら、小学4~5年生になった時には開始した方が良いでしょう。小学6年生になった時には対策を始めるのでは遅いのが事実です。基礎能力が十分でないのなら、ドリルを活用して漢字や計算の勉強をすることが大事になります。さらに、自宅での勉強時間を多くする為に通信教育を利用することを視野に入れた方が良いでしょう。

また、中学受験の勉強をする為の体力も必要になります。塾で勉強をするにしても自宅で勉強をするにしても体力的にも精神的にも大きな負担となるのは間違いありません。せっかく勉強をした内容が頭に入って来ないのであれば、その勉強をした時間は無駄となってしまいます。そのため、しっかり栄養バランスの整った食事を子供に食べさせるようにすることが、親御様の役目と言えます。

さらに、子供の学力や性格を考慮した志望校を選んであげるということが必要になります。
子供にとって負担となる志望校を選択してしまうと、子供の気持ちを考慮していないということになります。子供の心は繊細なもので、親御様が一番の理解者であることが、子供にとって大きな支えとなります。子供の気持ちを把握して決断や行動を心掛けないといけません。

Comments closed.