何事にも言えることではありますが、マイナス思考よりもプラス思考であった方が良いです。マイナスに考えること自体が、次なるマイナスな考えに結びついてしまうもので、中学受験の時にも同様のことが言えます。親御様が感情的になって叱らないといけなくなった時もあるでしょう。しかし、必要以上の場面以外では叱るということをすべきではありません。

まだ小学生の子供にとって、親御様の言葉の重みは想像以上に大きなものです。細かく小言を言うことが子供にとってはたしてプラスになるかを考えると、決してそうではありません。中学受験の勉強をさせたい気持ちをぐっと抑えて、子供に自主的に勉強をさせるようにするのが親の役目です。子供は親に褒められることを心の支えにして勉強を頑張ろうとします。

子供がプラス思考になるようにすることが、中学受験に合格する大きなポイントになります。マイナスになる発言一つで子供は大きく傷ついてしまいます。親の言葉の重みの意味をしっかり理解することによって、子供にとって大きなプラスになると考えるべきです。中学受験の時には子供は肉体的にも精神的にも辛い状況にあるのは間違いなく、親御様はそのことを理解してあげないといけません。

Comments closed.