中学受験を受けても、合格する方も不合格となる方もいます。こればかりは子供の能力や運的な要素もある為、しょうがないと割り切るくらいの気持ちを持つことが大事です。また、結果がもちろん一番大事になるのは間違いありませんが、過程についてもしっかり考えないといけません。過程が間違っていると、当然中学受験に不合格になる可能性が高まってしまいます。

最も失敗をしてしまいがちになることは、親御様が子供に勉強することを強制してしまうことです。あくまでも子供が自発的に勉強をするようにしないと、中学受験に合格するのは難しいものです。一時的には親御様の強制によって勉強をするはずです。しかし、それは決して長続きはしないものです。自分で考えて行動することが重要なのは、大人でも子供でも同じです。

時には叱らないといけない時もありますが、親御様は子供の褒めてあげることを徹底した方が良いでしょう。中学受験の勉強は肉体的にも精神的にもきついものがあるのは事実です。親御様が子供の気持ちを理解していないと、子供にとっての理解者がいなくなってしまいます。子供が親御様に褒められたいと思って勉強に取り組むようになっていき、大きなプラスとなります。

Comments closed.