中学受験を受けるにあたって、当然合格した時の明るい生活のことを考えるはずです。しかし、残念ではありますが、中学受験に不合格となってしまう方は少なくありません。あるいは志望校ではなく、併願校にだけ合格をしたというケースもあります。不合格になってしまった時のこともしっかり親御様は考えておかないといけません。一番よくないのは、中学受験に不合格になったことをコンプレックスにしてしまうことです。

確かに中学受験に合格するかどうかによって人生は大きく変わります。しかし、人生が終わったかのように捉えるのは間違っています。中学受験の失敗を今後の人生に活かすことはできるものです。中学受験の時には多くの時間を勉強に費やすことになりますが、中学受験に失敗したことで勉強自体が嫌いになってしまうというケースもあります。

あくまでも中高一貫校に通うということは、その後に勉強をして大学進学を目指すというものです。しかし、勉強自体が嫌いになってしまったのでは、本末転倒です。仮に合格をしてもこれは同じで、親御様がしっかりこの点について考えてあげないといけません。勉強はいくつになってもできますが、勉強が嫌いになってしまったらできないものです。

Comments closed.