想像していたことよりも大変なことが起こるのが中学受験です。この大きな要因となるのが、中学受験を受けるのがまだ小学生の子供だからです。高校受験や大学受験となると、将来の為に大事であることを理解している為、しっかり頑張ろうと思うものです。しかし、まだ小学生だとその重要性をあまり理解していないものです。その為、中学受験の勉強をするのが嫌になり、投げ出してしまうという瞬間もあるでしょう。

さらに、テストの点数などが悪いと気分的に落ち込んでしまいます。まだ幅広い考え方ができる年齢ではない為、気分が落ち込んでしまうと前向きに勉強をするのが難しいのが事実です。だからこそ親御様のフォローが必要で、フォローがないと後ろ向きの状態のままとなってしまいます。

中学受験を受けるのはまだ小学生であることを親御様は理解をしないといけません。中学生や高校生とは違い、親御様の言葉の重みを子供は感じるもので、発言にも気を付けるべきです。一つの不用意な発言一つで、子供の気持ちは落ち込んでしまい、立て直しに時間がかかってしまうこともあります。親御様のサポート次第で中学受験に合格するかどうかは決まると言っても過言ではありません。

Comments closed.