中学受験の勉強をする時には親御様は子供のことが心配になるはずでしょう。家庭教師や塾の先生などに勉強の状況を聞くことは大事になりますが、子供のそばにいて勉強を必ず見てあげないといけないと思うのは間違っています。子供のそばに親がついて勉強を教えるということは、子供からすると窮屈に感じるものです。小学生低学年の時には親と一緒に勉強をしたいと思う子供が多いのは事実ではありますが、小学生高学年になると話は別です。

子供にとって嫌なことであるということを親御様はしっかり理解をしないといけません。中学受験の時に子供の為になると思えることをしたとしても、実は子供にとってマイナスになっていることも少なくありません。問題が起こった時や疑問に思った時などの時には、親御様が力を貸してあげる程度に留めるべきで、いつでもそばにいるのが正しい訳ではありません。

あくまでも中学受験を受けるのは子供であり、親御様は陰ながら応援をするという気持ちを持つことが大事になります。子供をしっかり観察していれば、子供の勉強の進み具合や精神状況が分かるはずです。親御様のサポートが完璧であるということは、中学受験に合格する大きなポイントになります。

Comments closed.