中学受験を受ける時に一番大変になるのは勉強であるのはあるのは間違いありません。しかし、もう一つ前に考えないといけないのが志望校選びです。よく中学受験の志望校は偏差値では選んではいけないと言われていますが、だったら何を基準にすれば良いのかと思うはずです。満足して通うことができる学校選びをしっかりしないといけません。中学受験の闘いはここからスタートしていると言っても過言ではありません。

まず意識をしないといけないのが、志望校と受験校の違いです。受験校となると、既に中学受験までは時間がなく、もうその学校に決めたという段階です。志望校になると、行きたいと思う学校のことで、小学生の子供吸収率は目ざましいものがある為、一気に成績がアップすることができます。そのため、あくまでも志望校を目指していくということが大事で、今の偏差値を考慮しての学校選びをする必要はありません。

また、頭に入れないといけないのは、人気の高い学校はどんどん偏差値ランキングが上がるもので、倍率と偏差値は上がるということです。レベル的にちょうど良いと思っていたのに、実は大幅な路線変更をしないといけなくなったこともあります。実はここでの決断が非常に重要になるのです。

Comments closed.